広島大学

広島大学

中長期的視点でキャリア・プランを考える機会として
中堅職員30名を対象にキャリアコンサルティングを実施!

活用テーマ ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティング

所在地 広島県東広島市

業種 教育

事業概要 国立大学法人

設立 1949年

従業員 3,566人


ジョブ・カードを導入しようと思ったきっかけは何ですか?

職員の自発的な職業能力の開発、向上による 職場の活性化

職員の自発的な職業能力開発のための施策を模索していたところ、広島・岡山キャリア形成サポートセンターより事業の説明を受けました。「キャリアコンサルタントとの相談経験があるものほど、満足感、個人年収、部課長・係長比率が高い」という調査データ*も見せてもらい、さらなる職場の活性化を目指し、中堅職員への実施を決めました。
(*下村英雄 (2017) キャリアコンサルティングの効果に関するエビデンス JILPTリサーチアイ第21回 労働政策研究・研修機構)

ジョブ・カードをどのように活用しましたか?

ジョブ・カードを記入してから、キャリアコンサルティングを受ける

広島・岡山キャリア形成サポートセンターよりキャリアコンサルタントを派遣してもらい、中堅職員30名(主に30代)に対し、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングを実施しました。ジョブ・カードを記入してからキャリアコンサルティングを受けたことで、事前に自己理解を深めることができ、面談の時間に話すことが明確になりました。これまでのキャリアの整理と、これからの中長期的なキャリア・プランニングに、より効果があったと思います。

導入前後を比較して、あなた自身や社員・組織にどんな効果がありましたか?

・職場内での中長期的なキャリア設計に役立った
・ライフを含めてキャリアを考える機会になった

アンケート結果でも「大変有益・有益」との回答が100%でした。今後も定期的なキャリアコンサルティング実施や、組織改善にも活かしたいと考えています。今回の対象者の多くが子育て世代でもあり、ライフも含めたこれからの中長期的なワークライフキャリアについて考える機会になったようです。こうした機会を定期的に実施し、職場の活性化に繋げていきたいと思います。