TOP>企業・団体、在職者、学校のためのジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングについて

企業・団体、在職者、学校のための
ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングについて

キャリアコンサルティングとは

一人ひとりに寄り添い、主体的なキャリア形成をサポート

労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。



社員は生涯のキャリアを通じて、仕事と出産・育児、キャリア・プラン、ライフイベントやプライベートとのバランスを取りながらキャリア形成を進める必要があります。

また、中高年世代となると、セカンドキャリアを見据えたキャリア・プランの再設計も必要です。

キャリア形成支援の専門家であるキャリアコンサルタントとの面談を通じて、自分が置かれた状況、与えられた役割、働き方や働く意味・目的など、多面的に自己理解を深め、節目ごとにキャリアを充実するためには何が必要かを考えていきます。

職業生活の節目に、キャリアコンサルティングを実施することで、従業員の主体的なキャリア形成が促進され、モチベーションの向上、働きがいの醸成、更なる成長意欲を促す効果が期待できます。


時代が求めている取り組みです

「職業能力開発促進法」では、労働者は自ら職業生活設計(キャリアデザイン)を行い、これに即して自発的に職業能力開発に努める立場にあることが規定されています(第三条の三)。
同時に、事業主は、労働者が自らキャリア開発の設計・目標設定、そのための能力開発を行うことの支援を(努力)義務としています(第十条の三)。
このようにキャリアコンサルティングの機会を確保することは、労働者、事業主の両者に対して、時代が求めている取り組みだと言えます。

ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティング

ジョブ・カードの活用


あらかじめ社員の方が記載したジョブ・カードを使って、キャリア支援の専門家であるキャリアコンサルタント が個別面談(キャリアコンサルティング )を行います。

記載頂いたジョブ・カードを見ながら、これまでの経験や強み、今後のキャリア目標などを話し合います。仕事に対する理解や組織やチームからの期待などを理解、気づきを促し、具体的な行動計画が立てられるよう進めます。

主体的なキャリア形成が行えるよう丁寧に支援します。



  在職者向けキャリアコンサルティングはこちら  


※1.本事業におけるキャリアコンサルティングでは職業紹介はおこなっておりません。
※2.<専門実践教育訓練給付金>または<特定一般教育訓練給付金>の支給申請のためのキャリアコンサルティングは行っておりませんので、ハローワークにご相談ください。
※3.在職労働者の方を対象としておりますので、学生の方は学内のキャリアセンターや進路指導部等にご相談ください。
※4.本事業のキャリアコンサルティングは、事前にジョブ・カードを作成いただいた上で実施します。


  企業・団体向けはこちら  

キャリアコンサルティングは無料※で活用できます!

※本事業は、国の予算の範囲内で実施するため、一定の上限等があります。キャリアコンサルティングが無料となる対象については、キャリア形成サポートセンターまでお問合せください。


  お問合せはこちら  
▲page top